MENU

京都ハンナリーズ

KYOTO HANNARYZ

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【GAMEREPORT】12 /26vs.ライジングゼファー福岡

【GAMEREPORT】12 /26vs.ライジングゼファー福岡

【LOSE】京都 73 - 78 福岡 

激戦を繰り広げ、最後まで詰め寄るも届かず。
ハンナリーズ、悔しすぎる惜敗。


1Q:京都 14 - 13 福岡

★クオーターベストプレー
1Q3:52
KINGマブンガの強気のアタックでバスケットカウント!!!
相手エースの2ファウル目を引き出すナイスプレー!!!



序盤はお互いにシュートの正確性が上がらず2分半スコアレス。
これをKING#32マブンガが3Pでこじ開ける。
福岡は#11ジェイコブセンがパワープレーでスコアするも、
両チーム共に得点は伸びずに5分経過で5-7とロースコアの様相。
徐々に積極性がミスに繋がり、弾けられない重い展開が続く。
ミスも多く(京都x3、福岡x5)、正直盛り上がりに欠けた1Q。
ロースコアのまま2Qへ。

2Q:京都 14-21 福岡

★クオーターベストプレー
2Q4:20頃
これぞディフェンスの鬼!!!
伊藤が津山に対して見せたPassionFULLな圧倒ディフェンス!!!



福岡の見事なサイドラインからのアリウープでQスタート。
お返しとばかりにハンナリーズも大黒柱#50サイモンのアリウープ成功!!!
1Qが嘘のように得点が動き出す。
ハンナリーズの凡ミスを福岡に得点に結び付けられ4点差となり
早めのタイムアウト(TO)で切りにかかると、
ソルジャー#91片岡が絶妙なカットからスコア。
リバウンドで苦戦しだすもサイモンがここでスパーク。
2Q9点の活躍でチームを引っ張りすぐさま追いつく。
福岡の敷くゾーンDfに対してパスを回しアウトサイドシュートは打てているものの、
単発に終わり確率は低調(京都3P7.1%(1/14))のまま上がらず、
最後はまたミスからイージースコアを許し6点差で後半へ。

3Q:京都 21 - 22 福岡


★クオーターベストプレー
3Q2:00頃
キャプテン#33内海が見せたハードディフェンス!!!
マイボールにならずとも、チームを鼓舞するGreat Play!!!



ようやくRealShooter#12岡田が得意の左ワンドリブルからの3Pを決める。
しかし後が続かずジェイコブセンにバスケットカウントを決められ、
得点差は最大となる8となる。
しかしハンナリーズは小さな司令塔#3伊藤が3Pを決めすかさず5点差へ。
伊藤は続くプレーでオフェンスチャージを奪い流れを手繰り寄せると、
リアル桜木花道#7晴山に見事なパスを通し3点差へ。
しかし#5山下が冷静に2本の3Pを決め逆に9点差となってしまう。
攻守のバランスがチグハグなハンナリーズ。中々追いつけずに、
今度は福岡のP&Rを止められず連続バスケットカウントを奪われ4:33までに3Q11-18、
点差は13まで広がってしまう。ここでTOで流れを切りにかかる。
我慢、我慢。
終盤、福岡もお付き合いしてくれ、
またキャプテン#33内海の心揺さぶられる激しいディフェンス、
そして3Pからチームは勢いをえて、8-1のランを見せ7点差まで詰めて3Q終了。

4Q:京都 24- 22 福岡

★クオータービッグプレー
4Q4:50
ソルジャーのビッグプレー!!!
ボールを奪い、力強くドライブ、そしてサイモンのアリウープを引き出す!!!



”大砲”内海がとうとうキター!!!
いきなりの連続3Pで4点差へ!!!
会場を一気にヒートアップさせる。
しかし福岡もアタックからファウルを獲得。FTで8点差へ。
中々一筋縄では行かない。
ハンナリーズが決めきれない中、福岡にFTで点を伸ばされ差を詰められない。
片岡のハッスルからサイモンがアリウープを決め7点差でオフィシャルTOへ。

伊藤がタクトをふるい、サイモンがダンク!!5点差へ。
ディフェンスとリバウンドを全員で取りにかかり、会場の熱は一段と上がる!
しかしハンナリーズも点を決めきれずにリバウンドをつながれ山下の3Pを決められる。
8点差へ戻され残り3分を切る。

福岡のアタックでFTで離されるも、片岡の3Pで6点差へ。
しかし#6小林もタフなミドルで詰め寄らせない。
ようやくハンナリーズのアタックも利き始めFTで詰めると、
39.9秒岡田の3Pでここへきて3点差へ!!!
激しいプレッシャーがファウルとコールされるも、
大ニャーイングで32.3秒、小林のFTを1本ストップさせる!!!

4点差の23.3秒、岡田の3Pはショート。
小林が2本決め6点差と万事休すの中、マブンガがようやく3Pを決め再び3点差!!!
激しいプレッシャーで福岡はボールをフロントコートへ投げ入れるも、
サイモンの手よりジェイコブセンの手にボールが渡り試合終了。

激戦を繰り広げ最後まで詰め寄るも一歩届かず。
ハンナリーズは序盤の失速が響き、大きな敗戦を喫してしまった。