MENU

京都ハンナリーズ

KYOTO HANNARYZ

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【GAME REPORT】1/30 vs.琉球ゴールデンキングス

【GAME REPORT】1/30 vs.琉球ゴールデンキングス

【WIN】京都 82 - 76 琉球

ガップリ四つの戦いをディフェンスで打ち破り首位打ち!!!
ハンナリーズが激戦を制し3連勝!!!


1Q:京都 18-21 琉球

★クオーターベストプレー
1Q5:54
KING#32マブンガ、得意のボール投げるふりフェイクからファウルを引き出し、
リングが見えていない状況の中、超バックシュートでバスケットカウント!!!



激しいディフェンスの応酬で得点の伸びない序盤。3分経過で4-4とロースコアの展開。徐々に両チームのアタックが利き出すとスコアは動き始め、#24田代に決められると、#32マブンガがやり返す熱い攻防が始める。
マブンガが2本のバスケットカウントで突き放しにかかるも、#12エアーズがオフェンスリバウンドを奪い取りダンク。

早速熱い!!
1プレー1プレーに歓声が巻き起こり緊迫した展開のまま1Qは終了。

2Q:京都 23-16 琉球

★クオーターベストプレー
2Q5:31頃
これぞ鬼のディフェンス!!!伊藤が追い掛け回す!!!
見るものの心を揺さぶるナイスディフェンスでボール奪取!!!



ハンナリーズは立ち上がりミスが目立つ嫌な展開。ミスを得点に繋げられRbに苦戦し始めると7点差をつけられた所でタイムアウト(TO)、早めに流れを切りに行く。この苦しい状況を#50サイモンがロングミドルを決めきりつなげるも、オフェンスファウルで好機を逃してしまう。強心臓司令塔#3伊藤が素晴らしいディフェンスでシュートを落とさせるも、ゾーンDを前にボールが止まり決めきれずオフィシャルTO前のプレーで田代に3Pを決められ初めて二桁点差となってしまう。

TO明け、ゾーンを小さくさせて#12岡田が3Pを成功させると、ハンナリーズはディフェンスで奮闘!!!#7晴山がスティールするとサイモンが強気のアタックでバスケットカウント!!!晴山は続いて見事なRbも見せるとゾーンDを打ち破る3Pを成功!!!伊藤もドライブを成功させラスト4分半で14-2のラン!!!一気に逆転まで持っていく!!!終盤にディフェンスから流れを奪い返したハンナリーズが4点リードで後半戦へ。

3Q:京都 24-20 琉球 


★クオーターベストプレー
3Q5:24
嫌な流れを断ち切った晴山のガッツ溢れるファウルドロー!!!
止まった点を動かしたナイスファイト!!!



今日シュートタッチが最高に良いサイモンのミドルジャンパーでハンナリーズが6点差としQスタート。晴山がまたもや見事なRbを見せると、マブンガがリーグ屈指のファウルドローワーぶりを発揮。エアーズから3つ目のファウルを引き出しFTも成功させリードを広げる。フラストレーションの溜まったエアーズはマブンガに突進してしまい4つ目のファウルでベンチへ。

突き放してしまいたいハンナリーズだったがミスを連発。ゾーンDfにも手を焼き逆に3点差に詰め寄られてしまう。晴山がエンドのインボールでガッツ溢れる飛び込みでファウルをゲット。FTでようやく点を動かすと冷静さを取り戻し、ミスマッチを突けるようになる。琉球はやっぱりさすがで、苦しい中も#3並里がスコアを動かし付いて行る。本当にさすが。結局ハンナリーズは突き放す事が出来ず、まだ追撃される点差、8点のリードで最終Qへ。

4Q:京都 17-19 琉球

★クオータービッグプレー
4Q26.7秒
ハンナリーズに追い風を吹かせたファン全員でのタオル回し!!!



琉球は4ファウルのエアーズをコートに戻してくる。ハンナリーズはゾーンに依然苦しむと、外のボール回しを狙われ連続ターンオーバー。これをコトゴトク得点に繋げられ2分間で0-6のランを許し2点差とされる。TOで流れを切りにかかるハンナリーズ。ゾーンDに対しボールは動くようになるも決めきれない。そこに並里にミドルを決められ同点とされてしまう。何とかサイモンでお返しするもエアーズの3Pで逆転を許す。さあ我慢だハンナリーズ。オフィシャルTOには69-70と接戦のまま突入する。

TO明け、ゾーンDを敷く琉球に対し、危なっかしくもボールを回すと、晴山がコーナー3を見事に決める。しかし琉球も田代がミドルを冷静に沈め同点。ここで3分半を切る。やはりディフェンスを頑張るとバスケの神様は見ている物で、伊藤のダイブでボールを奪い返すと、サイモンの高さを生かしスコア。4点差となった所で琉球が後半1回目のTOを要求する。TO明け、並里が気合で押し込むと連続得点を許しまたもや同点へ。手に汗握る接戦が繰り広げられる!!!

両チーム共に我慢のディフェンスが続き得点は開かず1分を切って77-76。ハンナリーズは#44ジョーンズのショットをタフなディフェンスで落とさせると、伊藤がドリブルで突破を図り、26.7秒ジョーンズがここで手で伊藤を止めてしまい、痛恨のアンスポーツマンライクファウル。伊藤がFTを一本決めて2点差でハンナリーズボール。ここでも激しいプレッシャーとゾーンDに苦しむも、これぞ大黒柱!!!!12.9秒サイモンが見事ミドルを決めきり4点差とし勝負あり!!!

ハンナリーズが大激戦を制し首位琉球打ち成功!!!
ホームを守り3連勝を飾った!!!