MENU

京都ハンナリーズ

KYOTO HANNARYZ

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 永吉佑也選手による出場停止期間中の社会奉仕活動に関する報告、ならび記者会見コメント

永吉佑也選手による出場停止期間中の社会奉仕活動に関する報告、ならび記者会見コメント

京都ハンナリーズ所属永吉佑也選手による昨日(4月10日)までの社会奉仕活動をご報告いたします。クラブでは永吉選手に社会奉仕活動への無期限従事の処分を課しております。本日夕方に行われた復権(処分解除)に関する記者会見コメントと合わせてご案内いたします。


【社会奉仕活動報告】
2018年9月~昨日(2019年4月10日)まで7ヶ月間余りに、以下内容の社会奉仕活動等を計165回行いました。

<社会福祉活動への奉仕・・・計43回>
京都市内の病院での受付案内サポートや患者への介助等のボランティア活動を行うほか、特別養護施設で子どもたちとのふれ合いを通じ、施設での奉仕に努めておりました。

<清掃活動等の奉仕・・・計50回>
駅前や河川敷で行われている清掃ボランティア団体の活動に参加しました。またクラブでお世話になっている体育館の清掃活動も行なっていました。掃き掃除やゴミ拾い等を通じ、地元京都の美化活動に従事していました。

<後進育成活動への奉仕・・・計35回>
京都ハンナリーズU15練習でのサポートや指導、また地域ミニバスクラブの練習サポート、クリニックでの指導を行っており、子どもたちと交換日記を行うこと等により、積極的にコミュニケーションをとっておりました。

<その他活動への奉仕・・・計37回>
京都マラソンでのボランティア活動への従事や、警察による夜間自転車運転灯下に関する啓蒙活動サポート、児童館での子どもたちとのふれあい活動等を行ってまいりました。またハンナリーズ公式戦試合会場での設営・撤収業務へボランティア参加者と一緒になって従事することに加えて、3月からは、試合会場での入場ゲートでのパンフレット配布業務等を通じた接客業務等にも従事しておりました。





【記者会見コメント】
本日(4月11日<木>)18時より本件に関する記者会見を実施しました。コメントをご紹介します。

■高田典彦(スポーツコミュニケーションKYOTO代表取締役社長)
本日、永吉選手の復権が認められました。クラブは永吉選手に無期限の社会奉仕活動を課していますが、まず最初にこの期間中、関係各所から様々なご尽力をいただき、社会奉仕活動の場をご提供いただいたことを御礼申し上げたいと思います。

そして今回の不祥事に際し、関係各所には多大なるご迷惑とご心配をお掛けしたこと、それにもかかわらず温かく見守っていただいたことを感謝しております。

本日付で永吉選手は再度、プロバスケットボール選手としてコート上で活躍できる場を与えてもらうことができました。しかし永吉選手には常に「プロバスケットボール選手にとどまらず、社会人として自立してほしい」と話しています。永吉選手には、ひとりの社会人として更なる成長を遂げてもらえることを期待しており、そして皆様には、今後の永吉選手を温かく見守っていただきたく思います。

■永吉佑也選手
処分が解除されたことを嬉しく思う反面、まだまだ不安があるのも正直なところです。処分期間中に様々な社会奉仕活動を行ってきて、本当に多くの方々に支えていただき、また多くの方々に叱咤激励をいただきながら今日まで過ごして参りました。

これから改めてプロバスケットボール選手としてコートでも活動させていただく中で、まだまだ未熟な私ですが、なによりも一社会人としてしっかりと襟を正し、プロバスケットボール選手として求められているものを、プレーではもちろん、オフコートでもしっかりと体現できればと思っています。

これまではバスケットボール一本しかない人生だったので、色々な活動を自分なりに積極的に行ってきたつもりであります。その中で自分が社会の仕組みの中で生きているということを身をもって勉強でき、また社会奉仕活動を通じて色々な方々が、私というひとりの人間の存在に対して、応援してくださることもありました。私自身がこれまでプロバスケットボール選手として応援されてきたにも関わらず、(応援されるのが当たり前になってて)それさえも気づいてなかったのではないかと、改めて強く認識しました。社会奉仕活動を積極的に行ったことは、今後のプロバスケットボール選手として間違いなく生きていくことだと思っています。

そして社会奉仕活動を行う中で、バスケットボール選手、アスリートというのは、競技のなかでパフォーマンスを発揮することはもちろんとても大切なことではありますが、競技以外、コートの外でも求められていることがたくさんあることを活動をしながら強く感じました。

処分解除にはなりましたが、これからも社会奉仕活動に積極的に参加させていただきたく思っていますし、今まで続けてきた活動も今後も継続してやらせてもらえればと思っています。


※永吉選手本人からの希望により、4月13日(土)の福岡戦(18:05開始@ハンナリーズアリーナ)試合前に、コート上にて来場者の皆様にご挨拶をさせて頂く予定です(17:20頃を予定)。