MENU

京都ハンナリーズ

KYOTO HANNARYZ

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【GAME REPORT】10/3 vs富山グラウジーズ

【GAME REPORT】10/3 vs富山グラウジーズ

B.LEAGUE 2020-21 SEASON 10月3日(土) VS 富山グラウジーズ

京都ハンナリーズ 89 – 97 富山グラウジーズ

1Q 22-22
2Q 20-27
3Q 21-22
4Q 26-26

■スターティング5
#0 寺嶋良
#16 松井啓十郎
#21 満田丈太郎
#40 ジョーダン・フェイゾン
#50 デイヴィッド・サイモン

BOX SCOREはこちら
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=5870&TAB=B

試合後コメント

■小川伸也HCコメント
97点取られたのは大きな問題です。
前半で16点トランジションでやられてて、後半それを6点に抑えられたのはすごく良かったと思います。ただ、全体的にはディフェンスがよくなかったなという印象です。
(今日のゲームのポイントは)ゾーンディフェンスは入れたくなかったですが、5アウトを守るためにやりました。
サイモンをアウトサイドに引っ張り出されたくなかったのでゾーンをしましたが、それによって逆に相手のトランジションに勢いをつけてしまいました。
(HCとして初めて試合と終えた感想)初めての采配ということで何か特別な気持ちを持ったわけではなく、いつも通りやるべきことをやろうと思っていました。
結果が出なかったのでそこはどうしても納得いかないところです。

■寺嶋良選手コメント
僕にとって初めての開幕戦だったので、絶対勝ちたいという気持ちがあったのですが、結果的に負けてしまい本当に悔しいです。
開幕戦ということで前日の夜に高まって、冷静さを保つことが大変でした。今日アリーナについてからも舞い上がってしまっていたんですが、ミーティング中にマインドセットができたかなと思います。
試合の入りに弱気になってしまうとそこから引きずって弱気になってしまうので、攻め気を保とうと思って最初は攻めるようにしました。
今日は負けてしまってジュリアンにもやられてしまったのでそこはカバーしつつ、周りのシューター陣もいい選手ばかりなので、そこもうまく守っていきたいと思います。明日は必ず勝てるように頑張ります。
声が出せない中での応援でも、僕たちに伝わってくるものは本当に多いのですごく嬉しいです。
無観客試合を経験して、改めてブースターの方々がいてくれるだけで僕にとって大きな力になるということがわかりました。