MENU

京都ハンナリーズ

KYOTO HANNARYZ

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【GAME REPORT】12/26 vsサンロッカーズ渋谷

【GAME REPORT】12/26 vsサンロッカーズ渋谷

B.LEAGUE 2020-21 SEASON 12月26日(土) VS サンロッカーズ渋谷

京都ハンナリーズ 98 - 103 サンロッカーズ渋谷

1Q 20-26
2Q 20-20
3Q 23-25
4Q 35-32

■スターティング5
#0 寺嶋良
#21 満田丈太郎
#29 細川一輝
#34 ベンジャミン・ローソン
#50 デイヴィッド・サイモン

BOX SCOREはこちら
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=6096&TAB=B

試合後コメント

■小川伸也HC
前回渋谷さんと対戦した時は大きく離されてそのまま負けてしまったのが、今日は最後なんとか粘ることができたという意味では成長が感じられました。
ただやはりたった40分で103点取られるというのは本当に大きな問題で、特にターンオーバーからの失点が18点と多いですし、プラス自分たちのディフェンスのミスが多かったので、そこはしっかりと改善していかないといけないと思います。
さらに根本的に1対1で縦に抜かれすぎているので、そこはプライドを持って明日は守っていきたいと思います。

どういう状況であれ勝たないと自信も生まれませんし、チームとして成長が感じにくくなってしまうので、是が非でも明日は勝ちに行きたいと思います。


■寺嶋良選手
最終的には粘れて逆転するチャンスがあり、それでも負けてしまったという試合でしたが、スタメンである僕たちが出だしで躓いてしまって良いスタートを切れなかったことに責任を感じています。
明日はそこを改善できたらいいなと、改善しなければいけないなと思っています。

悔しさはかなりあります。あまり勝てない時期があって、それを乗り越えてチームが良い流れになった時の敗戦なのでかなり響きます。
ですが前回渋谷さんと試合した時には僕たちの良さを出せずにかなりの大差で負けてしまったので、それに比べると今日は自分たちのバスケができましたし、後半にも追いつくチャンスがあって、成長しているのは実感できているので、悔しい中でも希望というか、ちゃんと力がついてきている実感はあります。