MENU

京都ハンナリーズ

KYOTO HANNARYZ

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【GAME REPORT】12/27 vsサンロッカーズ渋谷

【GAME REPORT】12/27 vsサンロッカーズ渋谷

B.LEAGUE 2020-21 SEASON 12月27日(日) VS サンロッカーズ渋谷

京都ハンナリーズ 83-88 サンロッカーズ渋谷

1Q 22-18
2Q 10-26
3Q 26-24
4Q 25-20

■スターティング5
#0 寺嶋良
#21 満田丈太郎
#29 細川一輝
#34 ベンジャミン・ローソン
#50 デイヴィッド・サイモン

BOX SCOREはこちら
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=6097&TAB=B

試合後コメント

■小川伸也HC
渋谷さんのようなチームに対してビッグクォーターを作られてしまうとカムバックするのにすごく大きな力がいるので、こういったビッグクォーターを作らせない粘り強さや我慢強さが足りなかったなと、勝利に値するものではなかったと感じています。
ただ前半はファストブレイクで19点くらいやられたのに対し後半は2点に抑えられたりと、そういった良かった面もありますし、後半できるということは前半も間違いなくできるということなので、そこは突き詰めていかないといけないと思います。


■永吉佑也選手
昨日今日と共通して相手のファストブレイクでやられていて、ヘッドコーチからもしっかりとそこを抑えるようにと言われていた中でそれができなかった部分は反省しています。

(自身の12得点について)練習はずっとやってきていましたが試合になると入らない自分が怖くて、打たなかったりより確率の高い選手にシュートを打たせたりしていた部分がありました。
でもACのクリスと真緒が練習時間以外でもすごく自分と向き合ってくれて、試合中もシュートを打ったことに対して最大限の賛辞を僕にくれて「入る入らないではなく、まずシュートを打つことが大事だよ。打ち続ければ必ず入るよ」とクリスがずっと熱い目で言ってくれていました。自分の中で迷いなく打てるようになってきたことが結果に繋がったのかなと思っています。