MENU

京都ハンナリーズ

KYOTO HANNARYZ

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【GAME REPORT】2/28 vs大阪エヴェッサ

【GAME REPORT】2/28 vs大阪エヴェッサ

B.LEAGUE 2020-21 SEASON 2月28日(日) VS 大阪エヴェッサ

京都ハンナリーズ 74-60 大阪エヴェッサ

1Q 18-20
2Q 15-21
3Q 18-26
4Q 21-12

■スターティング5
#0 寺嶋良
#21 満田丈太郎
#29 細川一輝
#32 ジャスティン・ハーパー
#50 デイヴィッド・サイモン

BOX SCOREはこちら
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=6249&TAB=B

試合後コメント

■小川伸也HC
昨日の悪かったところを選手がしっかりと修正してくれて、40分間戦い切ってくれたことは良かった点です。
ただ今日のようなディフェンスができる以上、昨日のような試合をしてはいけないと思うので、今日のような試合をいかに波なくできるようになるかが勝っていくために必要なことだと思います。


■寺嶋良選手
全体的には良かったですが、個人としてはスタメンとしての出だしの部分がシーズンを通して課題になっていて、できたと思ったらできなくなったり波があるので、そこは徹底していきたいです。ただそれでも立て直せたことは良かった点ですし、なにより勝ち切れて良かったです。

(出だしの悪さの原因)
今までの試合を振り返っても、出だしでシュートが決まらないことでそれを引きずってディフェンスに影響が出てしまうことが多いです。
先制点を取っている試合は出だしから良い流れでできますが、今日のように先制点を取られてから立て続けに取られてしうと精神的にがっくりきてしまうので、そこはディフェンスから勢い付けられたら良いなと思います。