MENU

京都ハンナリーズ

KYOTO HANNARYZ

MENU
HOME > レポート > 京都明徳高等学校との包括連携協定締結式 実施のご報告

京都明徳高等学校との包括連携協定締結式 実施のご報告

いつも京都ハンナリーズに熱いご声援いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、6月28日(金)に京都明徳高等学校と包括連携協定を締結いたしました。
相互の強味を活かして協力し、地域社会に貢献する人材の育成に寄与するとともに、相互の交流を深め、より一層の発展を目指すことが主な目的となります。
締結式には弊社代表・松島鴻太が出席し、スポーツマネジメントコースの生徒の皆様に向けて「プロスポーツチームの地域での存在意義」について講義を行いました。

京都明徳高等学校 二宮 庸介学校長 コメント

京都の地域に根ざした形で学校教育を展開できないかと考えたときに、スポーツそして商業、この2つを組み合わせて「スポーツマネジメント」というコースが誕生しました。
すでにスポーツマネジメントの文化が京都には根付いており、今回の包括連携協定により京都ハンナリーズ様と連携しながら教育ができると大きな光が見えました。
今後、お互いに協力して、京都という街を盛り上げていきたいと考えております。
高校とプロスポーツチームが協力してやっていくことは初の取り組みになるので、誇りと自信をもって挑戦していきたいと思っております。

 

スポーツコミュニケーションKYOTO株式会社 代表取締役社長 松島鴻太 コメント

この度の包括連携協定は、京都府下の高等学校では初の取り組みとなります。
我々としても新しいチャレンジと捉えており、皆様と共に、京都の街の発展と成長のために、パートナーとして取り組んでいけることを楽しみにしております。
生徒の皆様からのご意見もいただきながら、この協定を共に、実りあるもの、価値のあるものに作り上げていきます。

 

 

包括連携協定 締結式の様子




トップユニフォームパートナー

  • 株式会社SCREENホールディングス

    株式会社SCREENホールディングス


メジャーパートナー

  • マツシマホールディングス(株)

    株式会社マツシマホールディングス

  • 株式会社アーキエムズ

    株式会社アーキエムズ

  • 安藤不動産株式会社

    安藤不動産株式会社

  • 株式会社京都銀行

    株式会社京都銀行

  • 株式会社TANAX

    株式会社TANAX

  • 株式会社トーセ

    株式会社トーセ

  • NISSHA株式会社

    NISSHA株式会社

  • 株式会社ミュゼプラチナム

    株式会社ミュゼプラチナム

  • 京都府公立大学法人

    京都府公立大学法人

  • ニデック株式会社

    ニデック株式会社