MENU

KYOTO HANNARYZ

MENU
ニュース

NEWS

HOME>ニュース>見所!日本人ビッグマン対決!

見所!日本人ビッグマン対決!

『実は結構近い向日市』で行われるSR渋谷戦の注目のマッチアップを紹介part2

次世代トップガード対決に続いては、インサイドもアウトサイドもお手の物・和製ビッグマン対決!

__vs__.jpg

 

伊藤に続きハンナリーズ二人目のキーマンは#43永吉佑也。日本代表候補にも名を連ねる期待の若手ビッグマン(198cm)だ。

対するはこちらも198cmのビッグマン#0満原優樹。こちらも日本代表経験のある器用なビッグマン。

 

日本人ビッグマン同士、内外問わずに熱くハイレベルなマッチアップを見せてくれるだろう。

 

京都ハンナリーズ#43永吉佑也

(平均8.1得点・4.2リバウンド・3P成功率31.6%2P成功率44.9%

ハンナリーズの不動のスターティング5として活躍を見せる“よっさん”永吉!

その恵まれた屈強な体(198cm・115kg)を使い、ハンナリーズの屋台骨を支えるだけでなく、あらゆるスタッツで伸びを見せ成長曲線に乗っている。ザッと昨シーズンとのスタッツを比較しただけでも、「出場時間15.1分→26.8分」「得点4.5点→8.1点」「シュート本数3.2本→7.5本」「リバウンド2.1本→4.2本」「アシスト0.7本→1.4本」と主要スタッツで全ての数字が倍増。そのポテンシャルを示し始めた。特にシュート本数は倍以上を記録。昨シーズン、川崎では体を張ったプレーが主だったが、ハンナリーズに加入後はオフェンスでも積極的にチャレンジを続けている。アウトサイドからのシュートトライも多く、チームに流れを引き寄せたいタイミングでも臆することなく自信を持ってシュートを放つ。その結果、シーズン当初は中々上がらなかったシュート成功率が伸びを示し、2P成功率は44.9%まで盛り返している。これはアウトサイドシュートへの自信、上達に起因しており、アウトサイドが入りだすと共にインサイドへの積極果敢なアタックも有効になり、相乗効果で数字がアップ。勝利をおさめた12月の琉球戦からの7試合の数字は「平均シュート本数9.4本」とシーズン平均よりも多い中、「平均10.9得点」「3P成功率41.2%7/17)」「2P成功率51%25/49)」と効率性が如実にアップしている。

ディフェンス面では出場時間の増加と共にリバウンドが増加しているが、今の勢いをもってすれば更に伸ばすことが出来るだろう。特にオフェンスリバウンドの奪取に期待したい。

 

渋谷はリーグ有数のディフェンシブなチーム。至るところで激しくディフェンスを仕掛けてくるだろう。そのディフェンスに対し、個々が目の前のマッチアップ相手を倒す勢いで対峙し流れを掴みたい。その急先鋒はきっと我らが“よっさん”が担ってくれるはずだ!

 

サンロッカーズ渋谷#0満原優樹

(平均7.2得点・4.9リバウンド・3P成功率21.7%2P成功率44.7%

永吉に対すると予想されるのは、こちらも日本人離れした「198cm102kg」と恵まれた体躯を持つ満原。能代工業→東海大学とバスケエリートコースを歩み、前身の日立サンロッカーズ時代から4シーズン目を向かえ、今シーズンは過去最高の平均得点とリバウンドを奪う活躍を見せている。どちらかと言うとアウトサイドよりのビッグマンで、シュートにパスに器用にこなすオールマイティプレイヤーだが、その屈強な体を使い、外国籍選手へのディフェンスもいとわない。前節で足を痛めた模様だが、もし出場できるならば両サイドで永吉と熱いマッチアップが見られ、どちらかの選手がイニシアティブを握れば試合の流れをググッと手繰り寄せられるだろう。また、プレーの幅が広がりつつある永吉にとって、現在地を知る良い機会となるはずだ。両サイドで繰り広げられる、日本人最高峰マッチアップから目が離せない!!